事例を知ってアパート経営の失敗を避ける【秘技リスク回避の術】

不動産

副収入考えます

効率的に収入が入ります

ミーティング

日本社会は経済成長が続いていた時期までは、慣習的に終身雇用が一般的でした。そのため、個人の収入が安定することで、将来的な不安を感じる機会は少ない傾向にありました。しかし、長い不況期を経て生活を安定させるためには、本業以外の副収入を手に入れたいと考える人が増えるようになりました。収益物件とは、賃貸等で収入を手に入れるために居住を目的としないで所有する不動産物件の総称です。副収入を手に入れる手段は色々とありますが、収益物件は所有しているだけで収入を得る手段となるので、時間や労力を大幅に費やす必要がない効率的な手段と言えます。従来から不動産を所有している場合以外にも、東京や大阪等の都市部を中心に投資目的で行う人が増えています。

都市部の物件が有望です

収益物件は所有している限り、生涯に亘って収益を上げる可能性が生み出し続けます。そのため、今後も関心を持つ人は多いことが見込まれます。しかし、対象物件を利用して金銭を支払ってくれる人がいないと、維持費や管理費等で損失を生む可能性がありますから、今後も投資目的では東京や大阪等の都市部が中心になることが予想されます。日本の人口は将来的に減少することが確実視されていて、現在は東京一極集中が続いています。一方で、国家運営の観点からは地方毎の中心都市の活性化が望まれています。大阪は古来から近畿地方の中心であると同時に、西日本有数の大都市です。そのため、大阪にも一定の人口増加が予想されるので、収益物件として好条件になると予想されます。

Copyright©2015 事例を知ってアパート経営の失敗を避ける【秘技リスク回避の術】 All Rights Reserved.